関節の痛みは痛風かもしれない?

関節の痛みは痛風かもしれない?

ある朝突然、関節の痛みに目が覚めた。でも、思い当たる理由がない。前日に激しい運動をしたといったこともないのに…。

 

そんな経験をしたことのある方はいらっしゃるでしょうか。その際に疑うべき原因のひとつは痛風です。その関節痛は痛風発作の可能性があります。

 

痛風という病気は、血液中の尿酸値が普段から高めの方に多い病気です。また、激しい痛みがあります。血中の過剰な尿酸が結晶となり、関節にこびりつき、そこから炎症が引き起こされるからです。

 

痛風には「高尿酸血症」という前段階があります。これは生活習慣病です。この高尿酸血症という病気は、上記のように、慢性的に血液中の尿酸値が高い状態になってしまうものです。

 

厄介なことに、高尿酸血症に大きな自覚症状はありません。気付かないうちに尿酸が過剰となり、結晶化し、骨や関節に貼り付きます。それが炎症を起こすことで痛風発作が引き起こされ、そこで初めて高尿酸血症が意識されることが多いです。

 

痛風発作が最も起こりやすい部位は足の親指の付け根です。しかし、尿酸結晶がとりつく場所はここだけに限りません。骨や関節であれば尿酸結晶はどこにでもとりつく性質があるため、痛みが発生する可能性は全身の関節にあります。

 

また、痛風は関節リウマチと同様、関節に激しい痛みが発生するため、この二つの病気は混同されることも少なくありません。しかし、慢性関節リウマチは膠原病の一種とされています。その原因は、本来体を守るためにあるはずの免疫システムの暴走です。免疫システムが過剰に働き、健康な骨や関節まで攻撃してしまうというものです。そのため、痛風とは医学的に全く異なる疾患です。

 

痛風は少し前までは「贅沢病」や「成人病」とも呼ばれていました。しかし、現在の分類は生活習慣病の一種です。一般的な治療としては、血中尿酸値の値を下げる薬の使用、発作時には痛み止めを併用、その上で保存的な治療(内科的治療)、といったことが行われます。

 

また、関節以外が痛むケースも見られます。その際、痛みが発生するのは、骨、足の裏、手の甲などになります。

 

女性はハイヒールにも注意しましょう。ハイヒールなどを履くと、外反母趾が引き起こされるほど、足の指関節に過度の負担がかかる場合があります。そのような負担を高尿酸血症の女性の足にかけると、痛風発作を引き起こしやすくなるというデータがあるのです。

 

高尿酸血症は痛風の前段階ですが、これには自覚症状がありません。そのため、多くの場合、健康診断で行なわれる血液検査によって発見されます。

 

痛風発作は、早めの治療開始によって抑制が可能とされています。定期的に職場や地方自治体の行なっている健康診断を受診し、高尿酸血症の早期発見、痛風の早期予防に努めましょう。