痛風サプリランキング!

 

痛風の原因はなに?

 

痛風の初期症状はある日突然の激痛です。では、その原因は何なのでしょうか。痛風という病気は、高尿酸血症によって引き起こされます。体内の尿酸の産生と排出は一定のバランスを保って行われているのですが、そのバランスが崩れると、尿酸の蓄積が起こります。

 

こうして蓄積された尿酸は、やがて結晶化します。そして、関節やその周囲に沈着します。これが、炎症の原因となります。尿酸蓄積される原因は、3つのタイプに分けられます。

 

1つ目は、尿酸の産生が過剰になるタイプ。
2つ目は、排泄が抑制されているタイプ。
そして3つ目は、その両方を併せ持っているタイプです。

 

それでは、痛風を引き起こす尿酸の蓄積がなぜ起こるのか、その具体的な原因をあげてみます。まず代表的な原因としては、プリン体の過剰摂取があげられます。体内に取り込まれたプリン体は代謝され、尿酸に変化します。ビールやそのほかのアルコール、レバー類、カツオやイワシ、エビ、白子、アンコウの肝などがプリン体を多く含む食品です。

 

特に痛風の大敵とされているのはビールです。毎日大瓶1本飲む人とビールを普段飲まない人とで痛風のリスクを比べた場合、その差は約2倍とするデータもあるほどです。

 

こういったプリン体を多く含む食品を食べ過ぎると、当然プリン体の摂取量が過剰になります。そのため、体内に尿酸が蓄積されてしまいます。

 

また、肥満も痛風の原因のひとつとしてあげられます。カロリーの過剰摂取が、肥満の主な原因のひとつです。この場合、上記のようなプリン体の過剰摂取も同時に起こることが多いです。

 

内臓脂肪には尿酸の産生を活性化させるホルモンを作り出す働きがあります。一方、皮下脂肪には尿酸の排出を抑制させる働きがあります。肥満の方はプリン体の過剰摂取のみならず、尿酸を蓄積させる原因を多く持っています。そのため、肥満の方は痛風になるリスクが高いとされています。

 

その他の原因として、ストレスもあります。人間はストレスを感じた時、交感神経を優位に働かせる特徴があります。しかし、体内での尿酸産生は、この交感神経が活発化によって促進されてしまいます。

 

また同時に、ストレスのために尿酸の排出が抑制されることもあるとされています。痛風のことを贅沢病と呼ぶことがあります。しかし、上記の原因を見てみると贅沢病と言うよりは「現代病」の様相を呈しているようです。

 

痛風を予防するために最も効果的な方法は、食生活を代表とする生活習慣を健康的なものにすることと、ストレスフリーな生活を送るようにすることです。

 

とはいえ、ストレスフリーな生活を手に入れるのは、現代社会においてはかなり難しいかと思います。趣味や運動、日常のちょっとした休憩の取り方など、自分に合ったストレス解消法をいくつか見付けておくのがおすすめです。

 

痛風の発作が起きた場合の対処法

 

高尿酸血症を抱えている方がある日突然の激痛を覚えると、それは痛風発作です。痛風発作には特徴があります。

 

まず、痛風発作が起こりやすい時間帯というものがあります。真夜中の2〜3時頃です。この時間帯に突然痛むことが多いようです。次に、起こりやすい部位です。痛風発作が起こる部位は、90%以上が下肢とされています。特に多いのは足の親指の付け根です。この部位だけで、全体の70%以上を占めています。

 

また、痛風発作には予兆が発生することもあります。「ムズムズ」や「ピリピリ」といった違和感を、足の親指の付け根に感じるといったものです。この予兆を感じると、その後突然の激痛がやってきます。

 

痛風発作の際の痛みは激痛です。「風が吹いても痛い」ともいわれており、これが痛風の名前の由来です。痛風発作が足の親指の付け根に起きた場合など、あまりの激痛のために靴下を履くこともできなくなるそうです。当然、歩くこともままなりません。

 

ここまでの激痛である痛風発作も、やがて自然に治まります。通常は1週間程度で消えるとされています。とはいえ、その痛みは「風が吹いても痛い」ほどのものです。痛みが緩和させることができるなら、それに越したことはありません。痛風発作が発生した際には、いくつかの対処法があります。

 

まずは、とにかく安静にすることです。それが痛風発作の応急措置として重要です。できれば仕事や家事を休んで、じっとしていてましょう。そうすることで患部を動かさないようにします。

 

また、患部を冷やす、患部を心臓よりも高い位置にしておく、といったことも有効な対処法です。関節が炎症を起こしている状態が痛風発作です。そのため、炎症部分を冷やすのは効果があります。

 

保冷剤や氷水の入ったビニール袋などを患部に当て、冷やしましょう。さらに、心臓よりも高い位置に患部を固定すると、痛みが緩和されます。患部周辺の血流量が少なくなるためです。

 

逆に痛みを強くさせてしまうのは、アルコールの摂取やマッサージです。痛みを緩和させるために、こういったことを行う方もいるのですが、これらは血流を増加させるため、逆効果です。決して行ってはいけません。

 

その他、痛風発作を悪化させてしまう可能性のあるものは薬です。尿酸降下剤が医師から処方されている患者さんは、それを通常時より多く飲むことで尿酸値を下げ、早く痛みを消すことができると考えるかもしれません。

 

しかし、急激な尿酸値の低下は、体内における尿酸の結晶化の促進につながります。そのため、痛風発作を悪化させることも起こりえます。痛風発作時に服用する尿酸降下剤は、決して量を勝手に増やさないようにしましょう。医師に指示された通りに服用してください。

 

同じく、薬で気をつけるべきは市販薬です。痛みの緩和のため、バファリンなどアスピリン系の鎮痛剤を使用しようとする方もいます。しかし、これらには尿酸値を上昇させる可能性があります。アスピリンは服用しないようにしてください。

 

以上のような応急措置を痛風発作時に行いましょう。そして、ある程度痛みが落ち着いたら、可能な限り早急に医療機関を受診してください。非ステロイド系抗炎症薬などが処方されますので、それらを服用することで、痛風発作に対する治療を行います。

 

また、痛風発作が治まったとしても、その後も尿酸値のコントロール行う必要があります。医師の指示の下、根気強く治療を継続していきましょう。

二日酔いにウコンが効く!

 

ウコンというのは、ショウガの一種となっている植物となっています。元々は、インドに自生をしていた植物なのですが、現在は世界の色々なところで植えられています。

 

日本でも奄美大島では、ウコンは天然の健康食品として用いられています。日本国内では、奄美大島以外にも、沖縄や鹿児島のような暖かい気候の地域で栽培が行われています。

 

ちなみにウコンというのは、色々な種類があります。紫ウコンや秋ウコン、春ウコンなどがあるのですが、この中の秋ウコンというのは、カレーのスパイスとしても用いられています。また、この秋ウコンというのは、血液の循環を促進させる作用や消化のサポートをする作用が期待できるといわれています。

 

次に春ウコンというのは、薬用作用が秋ウコンよりも高いといわれており、漢方薬として活用されています。ただし、他のウコンの種類よりも独特な味になっていて、口にしにくくなっています。

 

この春ウコンは肝臓の機能を高めやすくする作用もあります。ですから、二日酔い対策にも期待することができるようになっています。参考:二日酔い改善サプリランキング完全ガイド

 

最後に紫ウコンについてですが、胃腸薬の成分としても活用されています。かなり苦みがあるため、食用として使われることはほとんどありません。紫ウコンは、血液を綺麗にしていく作用や十二指腸潰瘍に対して効果が期待できるといわれています。

 

ウコンというのは、活性酸素による酸化を防ぐ抗酸化作用があります。ですから、がん予防効果も期待できるといわれています。

 

このウコンはドリンクタイプとして売られていることが多く、コンビニやドラッグストアで簡単に手に入れることができるようになっています。二日酔い対策だけではなく、健康を保つためにも生かすことができやすいですから、普段あまりお酒を飲まないという人もウコンを摂取してみるといいでしょう。

 

粉末スムージー ランキング

更新情報・お知らせ

(2015/11/06)
ぎっくり腰の予防に寝具を変えるを更新しました
(2015/11/06)
イライラ解消のために旅行へ行くを更新しました
(2015/06/15)
関節の痛みは痛風かもしれない?を更新しました